豚バラブロックのダシを使ったチャーハン

ダシマスター影響第2段。

豚バラブロックのダシを使って、チャーハンを作る。

まずは、豚バラブロックを茹でて、アクを取る。

アクがある程度出たら、圧力鍋で加圧して30分ほど放置。

圧力鍋を放置している間に、別の鍋に梅を崩して入れて、煮る。

微妙にアクが出るので、アクを取る。

圧力鍋から豚バラブロックを取り出し、梅のダシに入れて6時間ほど経った後が上の写真。

微妙にピンク色。

普通のチャーハンの作り方だが、豚バラブロックのダシを入れるのと、

サイコロ状にした豚バラブロックを入れている。

感想としては、かなりやさしい感じのチャーハンになった。

ダシがふわっと感じられる。

ただし、自分としては、やはりせっかく豚バラを使っているのだから、

ジューシーさを全面に押し出したチャーハンの方が豚バラの良さが活かされるのではないかと思う。

まあ、好き好きなのでしょうが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です