鶏がらダシから作る親子丼

ダシマスターに影響されて、鶏がらを買って、鶏がらダシをとってみた。

鶏がらは1羽分を鍋に突っ込み、1度ふきこぼし、鶏がらを一度洗う。

鶏がらを多少、小さなブロックに切り分ける。

それを再度、茹でて、アクを取っていく。この時、ネギと生姜も入れる。

ある程度アクが出尽くしたと判断したら、圧力鍋で加圧して、とりあえず30分ほど置いてみた。

ちなみに、上の写真は圧力鍋で加圧する前のダシ。

このダシを使って親子丼。

ダシマスターに習って、ダシに鶏肉を投入して茹でて鶏肉を取り出す。

その後、ダシに溶き卵を投入し、ふわふわな卵とじを作る。

それらをご飯にかけて、鶏がらから作る親子丼の出来上がり。

中華スープの元を使うよりかは、さすがに鶏本来のダシが出ているようで、美味い。

ただし、臭みとコラーゲンぽさが少々でているようで、これはダシを取る際のネギ、生姜の量を増やす等で次回は改善できそうな気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です