はげ屋 出水 鹿児島

高校時代最も思いで深い飲食店

当時、ラーメン半額の日があり、400円のラーメンが200円で食べられる日があって、

よく行ったものだ。

今でもラーメン普通もりで450円ほど。

かなり怪しい店の看板。

「電話なし」はわざわざ言わなくても・・

昔は「まずい」と書いてある看板を出していることもあった。

雑然とした店内。は久々に訪問しても変わらず。

久々に食べるはげ屋のラーメン。

さて、その味は、昔と比べたら、豚骨が薄くなっているような気がした。

昔聞いた時は、豚をまるごと仕入れて、テールからすべての部位の肉、骨を使うとのことだったのだが、

今はどうしているのだろうか。

多分、もし今はじめて食べたとしたら、何のことはないラーメンなのだろうが、

懐かしいラーメンなため、食べると感動してしまう。

店名の由来だが、実際、店主ははげている。

最近は体を少々、壊したらしく、

いつまでこのラーメンが食べられるのか非常に心配なところである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です