東京 都内スーパー 価格帯等整理

都内スーパーを高価格帯から順に特徴を。
そのうちポジショニングマップでも作ってみるか。
■伊勢丹
高い。が、さすがに美味しいものを扱っている。

■成城石井
高価格帯。輸入ビールが充実。

■大丸ピーコック
比較的高価格帯。

■maruetsuグループ
マルエツ
価格帯が高い。特に野菜が高いような気がする。
刺身、惣菜の質がいい。
マルエツ プチ
同様に価格帯が高い。都心部に多く。普通のマルエツよりかも狭い。
リンコス
行ったことがない。六本木、高輪等にあるので、さらに高価格帯のスーパーだと思われる。
魚悦
行ったことがない。

■クイーンズ伊勢丹
価格帯が少々高い。たまに赤霧島を売っている。

■北野エース
調味料等の品ぞろえが良い(はず)。が、意外と、行ってみた時に欲しかったものが無かった。。

■サミット
ちょっとだけ高めだったような。。

■ハナマサ
業務スーパーという位置づけで、ある程度の大量購入を前提とした販売。
しかし、そこまでは安くないし、質もいいとは言えない。
ただし、普段あまり売っていない鶏軟骨、豚軟骨、モツ系、ラム肉等の珍しい部位を仕入れる時には便利。

■マックスバリュ
イトーヨーカドー系列。イトーヨーカドーと同様20日、30日はイオンカード提示で5%オフ。

■赤札堂
全般的にけっこう安い。惣菜、刺身はあまり美味しくない。
魚介類がちょっと弱い。

■イトーヨーカドー
大規模店。広いだけあって価格帯は安いものから高いものまで。

■ライフ
全般的に安め。

■オオゼキ
全般的に安い。特に野菜が安い。逆に乳製品等は何故か高い。
惣菜のカレーのよい香りがするのだが、食べたことがない。

■フジマート
江東区・中央区ローカルスーパー。安め。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です