素敵庵 有楽町

ランチにて訪問。

有楽町から銀座に行く途中にあるGINZA INZにある店。

GINZA INZは大盛りパスタのジャポネ、鹿児島豚しゃぶのいちにいさんくらいしか行っていなかったのだが、

けっこういい店があるようだ。

洋食店で、ランチはハンバーグ、ステーキ、ハヤシライス、オムライス等のセットをやっている。

ハンバーグは炎をあげて料理をしているのが見えたので、ハンバーグ980円を選択。

ハヤシライスセット以外はスープとサラダがつくようだ。

スープは量が少ないものの、濃厚でしっかりした味がする。

サラダもちょっと珍しいゴマドレッシングを使っており、クルトンがいいアクセントになっている。

出てきたハンバーグ。

ハンバーグの大きさはそれほどではないが、

肉厚でジューシーである。

スタンダードなデミグラスソースは量が多く、付け合せのパスタ、ほうれん草に合う。

一つ一つの食材、調理にしっかりしたこだわりが感じられる。

一緒に行った会社の人が頼んだオムライスを見たが、非常に綺麗な出来で、

それだけでも美味しそうに見えてしまう。

照明とかにも気をつけているのだろうか。

セットには、ゴマプリンかコーヒーが付いており、

これで980円はお得。

またランチに来たい店である。

けっこうビールに合うような感じだったので、

夜に来てもいいかもしれない。

帰りにもらった名刺を見てみたら、本店は鹿児島の天文館とか。

「いちにいさん」といい、なかなか鹿児島も侮れない。

 

2011/7/14素敵庵再訪

ランチ遅めで訪問

 

 

昨日はハンバーグだったので、

今回はオムライス980円を注文。

 

相変わらずスープも美味しい。

 

オムライスは相変わらず美しい。よくこんなに綺麗に作れるよなぁと・・。オムライスの下はチキンライスかと思っていたら、白ごはんでちょいとびっくり。それでも、それを補うだけの、オムレツのフワフワ感、デミグラスソースの旨味。

店員さんはみんな活発に働いている。厨房の調理は二名。それ以外が五人くらいか。面白いのがカウンターキッチンになっているためか、厨房の人も注文を聞くし、配膳も積極的にやっているし、料理しながらお客さんとの会話もこなす。
オムライスは、トロトロの卵オムを作ったら、後はごにかけて、デミグラスソースをかけるだけ。普通のご飯なのは残念だが。工数をかけないためのものだろう。ステーキ、ハンバーグも基本焼くだけだから、手早い。仕込みが大事なんだなあと再確認させられた。
みんなの動きに無駄がなくて気持ちがいい。

 

2011/7 素敵庵 再訪問

前回、カウンターで見ていて、けっこうステーキランチが料理されていたのを見て、食べてみたくなった。

しかし、改めて値段を見てみると、1250円でそこそこの値段なり。

セットはパン、スープ、サラダとバナナプリン。パンはかなりふわっとした柔らかいタイプ。マーガリンか付け合わせのスープを付けて。スープが濃厚なので、一緒に食べるのによいかも。パンでなくご飯を選んだ場合は、お代わり可能なようだが、パンは不可とのこと。

ステーキはニンニクをいれてよいか確認される。ニンニクを入れると中サイズのニンニクを四分の一くらい使っているのではなかろうかというくらい使っている。タマネギも、ジャガイもたっぷりで、意外と野菜も摂れてよい。肉自体はミディアムな焼きで、中がちょっと赤く、そのため柔らかい。赤身で脂身、サシは少なめのいい肉を使っているのだろうが、6切れ程度のボリュームであり、また1250円払って食べるかというと、もうちょっと足りないか。期待値が高すぎたかもしれない。
またもや再訪
今度はカレー1000円を注文。
カレーにはスープがついていないようだ。
 
トマトたっぷりのサラダ。

オムライスに続いて、この量で足りるかなと思ったが、全部食べるとお腹いっぱいになった。かなり黒っぽいカレーで、基本は日本風なものの、デミグラスソースが効いているような気がした。肉はとろとろに煮込まれて柔らかく、味が染みていた。
これまた仕込みがしっかりしていそうだと関心した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です