ラーメン二郎 亀戸

二郎の話をよく聞いた週で、どうしても二郎が食べたくなった。

亀戸の酒屋によった後に訪問。11時半ほどだったのだが、ギリギリ待たずに入れた。ラーメンの普通サイズ600円を注文。ラーメンがこの値段というのはやはり良心的だ。

席で待つ間、回りを見渡すと、相変わらずの二郎格言的な張り紙が・・・。ニンニクを確認され、ニンニクを入れてもらうことに。

出てきたのが、こちらだが、きれいにまとまっている感じ。緬もなんとなく、三田店と比べたら、細いような気がした。チャーシューは三田店と比べたら、丁寧に作られている感じで、脂身が多すぎもせず、少な過ぎもせず、味もほどよい感じであった。そして、一番すばらしいと思ったのが、野菜のシャキシャキ感。都度都度炒めているのだろうか。しんなりしていなかった。

店主はやはりキビシメで、帰り際にテーブルを拭かない客には、ちゃんと吹いてくれませんか的なことを言うし、パンチが効いている。また、行くか?というと、近いのでいくんだろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です