軽井沢の唐揚げ とりまる 品川

品川のライブの後に品川どんぶり五人衆にあるとりまるへ。

以前、軽井沢に行った時に、けっこう並んで食べたとりまるが品川に最近できたようだ。

20時くらいなのに関わらず、席は半分も埋まっていない。軽井沢の時の行列が嘘のようだ。

とりあえず定番の唐揚げ丼700円ほどを注文。

確かに軽井沢で食べた時もこんな感じだったような・・・。けど、雰囲気だからなのか、水の違いからなのか、ちょっと繊細さに欠けて、大味な気がする。

そして、改めてであるが、これは唐揚げというより竜田揚げに近いのではなかろうか。
ということで、鶏の竜田揚げであれば、田町の「もりと」に久々に行きたいなぁと思いながら完食。

もう一回、軽井沢でも味を確かめてみたい。

生パスタ☆モンスター 銀座

プランタン銀座の地下のイートインに新しくできたパスタの店。

コリドー通りにあるパスタバカの店の系列店らしい。

プランタンは基本的に女性用の服を扱っているデパートなため、男性一人ではなかなか入りにくい。

が、2回ほど行くと慣れてしまう。

そして、ランチに行ってみると、女性客より男性客の方が多い。


100g,150g,200g,300gからサイズを選べて、700円か800円ほど。

緬は生パスタなのは当然だが、細麺と太麺を選択できる。

ドリンク、サラダ、デザートを300円でプラスできる。


これで、200gのサイズ。モッツァレラチーズ・バジルのパスタ800円。

思ったよりは少ないかと思ったが、ランチに食べるならこれで十分かも。

やはりこのモチモチ感は、生パスタならではである。

コリドー通りのパスタバカの店と違い、現在のところ並ばなくてもよいため、とても使い勝手がいい。

なんでお客が少ないのだろうと不思議になってしまう。プランタンにイートインができたことを知っている人が少ないからだろうか。
再訪。
今度は細麺で300gミートソースを注文してみた。


ハズレがない。

酒棚を作ってみた

酒の在庫が50升近くになってきて、床に置いたままの酒瓶も増えてきた。
これを整理するために酒棚が必要。
■各種酒のボトルのサイズを確認
ワイン 直径8cm
焼酎、日本酒 一升 10cm 4合瓶8cm

■市販の棚を物色
酒棚の検討案は下記。

http://item.rakuten.co.jp/cds-r/hr-428/
MAGIS マジス BOTTLE スタッキングボトルラック
ギリギリ一升瓶は入らない
ボトルラック
一升瓶 ラック
焼酎 ラック
ワインラック
yamagiwaには無かった。
こちらの焼酎ラックとか
http://www.m-current-sake.com/product-list/1/0/normal?sort=price
ワインラックの方が、種類も多いし、デザイン的にも優れているものが多い。

 

出来合いのもので納得いくものがなかなかなく、自作することにした。
板を切って、金槌で釘を打たなければと思っていたのだが、どうやらパーツを買って、ネジまわしくらいで作れるものもあるようだ。

 

■設計

設計といっても、高さ(段数)、横幅、奥行きを決める程度。

・高さ(段数)
あまりに高すぎると地震が起きた時に揺れて、棚から落下、瓶が割れる可能性が高くなる。また、そもそも取りにくい高さにするのは不便である。
ある程度の耐震補強、落下防止策は対応するとして、 4段、180cm程度にする。
一升瓶の高さは43cmで4本縦に積んだら、172cm。

・横幅
部屋の空きスペースに加え、長すぎると補強のため途中で支柱が必要になるので、120cmのものを使用。

・奥行き
2本並べるか1本並べるかによって決定した。2本の場合だとごちゃごちゃしてしまうが、たくさん収納できる。1本だとその逆。
高さと横幅でそこそこの収納が実現できそうであったため、すっきりしたデザインをとって、20cmにした。
2本並べる場合だと30cmでギリギリである。
ちなみに、異なる観点として、奥行きが長い方が安定するため、耐震性も強くなる。

■材料探し、購入

まずは、材料探しということで、ドイト、コーナン、島忠、カインズホームを訪問。

ドイト
木材はそれなりに取り扱っている 。木材の質は悪くないようだった。値段が少しだけ高め?

コーナン
木材はそれなりに取り扱っている。ただし、木材の質が悪かったり、塗装が剥げそうになっているものが陳列されていたりと、品質は悪そうだった。ただし、2100mmの長さのラックポールがあるのはここだけ。

島忠
木材はそれなりに取り扱っている 。木材の質も悪くなかった。

カインズホーム
木材の取り扱いがほとんどなかった。

 

島忠の写真
途中、出来合いの突っ張りラックも考えたが、全て金属なので、焼酎ラックとしては、ちょっと合わないと考え、断念。

まあ、そんなこんなで、島忠にて購入。
自転車で島忠に行ったのだが、とてもじゃないが材料を持って自転車に乗れないので、手で持って帰って、再度自転車を取りに来ることに。

 

 

■組み立て

   
何のことはない材料。ラックビスはラック用に調整して造られていて便利。また、頭にホワイトの着色がされていて、ビスが目立たない。

8本で200円で少々高いが。


普通に組み立て。ビスをねじ回しで入れる。


仮完成
組み立て自体は簡単なもの。
前に倒れないようにビニールテープを貼っているだけなので、これを木のポールにする等、対応が必要。

 

板1000円が3枚
ビス8本入り200円が2セット
支柱4本1300円が4本
合計9000円ほど。

カスタマイズもできるし、引越しの際は分解もできる。

中華 人人人(レンレンレン) 東京

TOKIAのイルギオットーネに行こうとしたら、満席ですぐにあきそうになかったため、人人人へ。

どう読むのかはこの文章を書く段階でやっと分かったが、レンレンレンと読むらしい。

ピリ辛甘酢唐揚の定食を注文。

注文すると、まずふくれ菓子みたいなパンが出される。結局、後に残してデザート感覚で食べた。


とてもシンプルな皿に綺麗に盛られている。

中華料理屋にしては珍しく、ご飯がパサパサとしておらず、美味しい。

メインとなる料理の方も、大雑把な感じで調理はされておらず、味の強弱がきちんとついていて美味い。

ここらへんで下手な中華料理屋にいくよりも1000円出して、きちんとしたここの料理を食べたいと思った。

 

ご飯のお代わりが可能とのこと。最後に聞いて、少し後悔した。なかなかおかずとご飯の食べ進めるバランスが難しい。

和食 千人同心 秋葉原

休日のランチに秋葉原の居酒屋へ。

昼は普通に定食を提供している。

煮物定食1000円を注文。

店員さんは丁寧で感じがよい。

 

思っていた以上に全ての料理に手抜きがない。
ご飯は美味しいし、煮物は一つ一つのネタに手造り感がある。

1000円という価格ではあるが、駅ビルという立地から、相応な値段な気がする。
ランチからこれだけしっかりした料理を出してくれるのは、夜も期待が持てる。
今度、夜に飲みで訪問してみたい。

 

夜に再訪


お通し


ぎんなん


刺身

日本酒は、寫楽、喜久酔、ばくれん等をいただく。だいたい1合で800円ほど。まあまあ、リーズナブルかな。

あまりお腹が空いていなかったので上記の料理だけを注文し、一人2500円ほど。

 

清澄庭園のライトアップに行ってきた

紅葉の時期に清澄庭園がライトアップされている。

初めて行ってみた。

いつもは17時くらいに閉園になるのだが、このライトアップの時だけは21時までやっているようだ。

紅葉の季節なものの、一部の木々が赤くなっているだけで、基本的には紅葉はまだまだ。

150円を支払って入園。


このように道にランタンのような明かりが置かれている。

 


置かれている明かり。


置物なんかもちょっとかっこよく照らされている。


庭園の明かり。



大正記念館
この時だけはカフェをやっているらしい。


唯一この木だけが赤々としていて、紅葉らしかった。

 

結論として、紅葉を見に来ているのか、ライトアップを見に来ているのかよくわからないのだが、
ライトアップをしているだけでも幻想的で綺麗な風景だった。

忘年会におけるフロー、検討事項など

①日程調整
ある程度の候補日、場所を絞る。
候補日の確定に調整さんを使うと、集計が楽だし、出席者もどんな人が参加するかが分かってよい
http://chouseisan.com/

②店舗の決定
要件
・人数が多くなる傾向にあるため、ある程度大きなキャパに対応できること
・人数が多くなる傾向にあり、いろんな場所から来る人が多いため、アクセスがよいこと
・突然の追加、キャンセルが多々起こるので、人数変更にある程度柔軟に対応できること

優先すべき要件は、参加者次第

③料理の決定
コース、飲み放題のメリット
・予算金額を前もって伝えられる。飲める人飲めない人、食べる人食べない人の不公平感がどちらかというと少ない。
・アラカルトより安くなることが多い
つまりは無難

コース、飲み放題のデメリット
・酒の種類が絞られたり、コース料理は大量に作りやすい揚物が多かったりするので、満足度は低くなりがち
・遅れて来る人は割高になる(料理は残しておいてもらうとして)。
・ドタキャンするとキャンセル料金がかかる
④二次会の店の選択肢をあらかじめ用意しておく
一次会が何時に終わるかは読めないところもあるので、とりあえずは二次会の店を数店舗、目星を付けておく。
一次会終了後に大人数でぞろぞろと流浪しないよう、終了のタイミングで、人数を確定し、電話予約ができるとベスト。

阿波尾鶏 銀座

コリドー通りにある夜は阿波踊りのイベントがある居酒屋でランチ。

カレー、サラダのバイキングがあり、それに料理を付ける。

今回は鶏の唐揚を注文。確か900円か1000円ほど。


特徴はそこまでないものの、カレーは鶏肉が入っていて、野菜もたっぷり。サラダはポテトサラダ、ベビーコーンありでけっこう種類が豊富。

ジュースは意外と100%果汁だと思われる。


これは普通の唐揚。途中から少々、飽きるが悪くない。


こっちはメガ盛りの唐揚で普通の唐揚+100円。

再訪
今度は徳島ラーメンを注文。なぜか卵が2個も付く・・・。2個も使うのか??それよりかは1個分は煮卵にして欲しい。

塩味が濃いすぎるのと、緬が柔らかすぎる。
ラーメン専門店以外ではラーメンを注文すべきではない。