赤のれん 六本木

六本木の博多ラーメン店

非常にスタンダードな博多ラーメン。

上面は油が浮いており、時間が経つと油の膜ができる。

ラーメン一杯700円は六本木価格か。

6年ほど前にも来たことがあるが、その時は他の店舗に行った後に続けざまに行ったため、

あまりよい印象がない。

その時の印象と異なるかなと思ったのだが、その時よりかは美味しく食べられたものの、

感動するほどはないような気がした。

緬にしろスープにしろ、博多ラーメンとして、

非の打ちどころはないとは思うのだが。

岡半 銀座

岡半は銀座にある金田中グループの鉄板焼き、すき焼き店。

この建物自体が金田中ビルである。

というか、入り口自体が、閉じきっており、開店しているのか開店していないのかが分かりにくい。

そして、この店、夜は一人2,3万するというから恐ろしい。

店内に入ってみると13時半の時点でカウンターが半分ほど埋まっている程度。

まあ、雨もふっていたこともあるし、この時間だしこんなものであろう。

数種類のランチがあったが、ひよって1500円の2番目に安いランチを選択。

牛ロース薄焼き定食。

陶器の御膳に丁寧に添えられたサラダ。

この御膳がなかなか風格を感じさせる。

対面の鉄板で、モヤシ、肉を焼いてくれる。

手前にあるのは付け合せのシチューで、鉄板で温める模様。

調理担当者の手際もよく、料理を見ているだけでも楽しめる。

向こう側に見せるのが、注文した定食の肉。

シモの入り方から、かなりいい肉だと思われる。

出てきたのが、コレ。

肉はほどよく赤身が残されており、柔らかい。

赤出汁の味噌汁が付いているのも嬉しい。

赤出汁の味噌汁は鰹だしがよく効いていた。

赤出汁の味噌汁をたまに作っていたのだが、何かいつも物足りない感じがしていた。

今回、はっきり鰹だしが足りないのだと悟りとても勉強になった。

付け合せのシチュー。

これはこれで、例えばニンジンも中までやわからく味が染みていた。

最後に、コーヒーか抹茶が付く。

せっかくだったので、抹茶を選択。

ついでにお茶菓子まで。

食材の良さを感じることができ、調理をする方の肉の焼き具合も安心して見ていることができるので(偉そうなもの言いだが)、

当初ランチで1500円は高いかと思ったのだが、この品質だったら妥当以上だと思われる。

次回は1700円のステーキを注文しようかと思う。

BERG(ベルク) 新宿

せっかくなのでと思い、

風雲児のつけ麺大を食べたばかりであったものの、新宿駅にあるBERGへ。

これまで数回行けそうな機会はあったものの、初めての訪問。

席は適当に埋まっており、相席になりそうな感じで席を確保。

ワイン付きのランチセットがあったので、そちらを注文。

ワインが付いて700円ほどはお得。

パンも美味いし、付け合せのパテ、サワーチーズの料理もワインに合う。

ビールも何種類かあるようであるし、

他の客は20分も居座らないのだが、ここで飲み会ができるのではないだろうか。

風雲児 新宿

風雲児は新宿にあるつけ麺屋。

平日の昼に訪問。

たいへん人気があるようで、昼の13時にも関わらず、

外に10人ほどの並び。

その後、店内に入れたのだが、店内は店内で15人ほど待っている。

結局、テーブルに着いて、食べるまでに1時間程度かかってしまった。

というのも、この店、つけ緬を茹でるのに6分はかかるらしく、どうも回転効率は良くないようだ。

そして、お客さんはほとんどこのつけ麺を注文していた。

つけ緬大750円

思ったのが、非常に美しい。見ていて、緬が輝いている。

店員さんは髪を盛っているギャル男風の兄ちゃんなのだが、しっかりとゆでた緬を水でしめていた。

この緬はスープを漬けないでも普通に美味しかった。

スープはダブルスープなようだが、鰹だしが効いて、ドロドロしている。

けっこう最近つけ麺で多いタイプか。

この店は、なんと言っても、緬の美味さが光っているように感じた。

もう少し、待ち時間が短くなるとよいのだが・・・。

慶楽 有楽町

慶楽は有楽町のガード下通りのすぐ横にある中華料理屋。

ランチにて訪問。

一見、普通の中華料理屋のように見えるが、

スープチャーハンの発祥の店らしく、中に入るとほぼ満席であった。

渡されたメニューは基本的に一品料理ばかりで、

1000円~3000円ほどでけっこうなお値段がする。

テーブルにランチメニューがあるのだが、そちらの方は1000円前後程度である。

さて、噂のスープチャーハンは渡されたメニューに記載してあり、1000円である。

迷わず、こちらを注文。

出てきた、スープチャーハンは思ったよりかは、量が多くなく、

これで足りるのかと思ったものだが、実際は、けっこう器が大きく、かなりお腹いっぱいになった。

スープがほぼチャーハンを浸しており、ちょこっと覗いたてっぺんにエビが3つほど乗っかっている。

スープは非常に優しい味で、よいおダシが出ている。

チャーハンもスープに浸かって、ぐちゃぐちゃかと思いきや、

きちんとしっかりとしたお米の表面が守られていて、お茶漬け等よりも歯ごたえが良い。

おそらく、このスープとチャーハンはそれぞれ食べてもきっと美味しい。

こんなスープとチャーハンが一緒になる良さは・・・。

店側の洗い物が少なくなるくらいか?

確かに美味しいのだけれども、合わせることによるメリットを現段階の私としては、

理解に苦しむ。合わなくはない、かといって、

それは1+1=2であり、

1.5でもなく、2.5でも3でもなく、2であるように思う。

再訪問。

チャーハンとスープを別にして、食べてみたかったので、

ランチ1100円を注文

+100円でライスをチャーハンに変更できるとのこと(+100円は会計時に聞いた)。

チャーハン、白魚揚げのあんかけ、肉野菜炒め、ゴマ団子

チャーハンは相変わらずパラパラでこのままでも美味しい。

その他の料理も、まずまず。

少々、油が多いか。

こちらのスープも例のチャーハンスープと同じような優しい味。

ちなみに、チャーハン、スープは半分ほど食べたあと、

スープチャーハンにして、食べた。

スープチャーハンに+200円で他の料理が付くと考えると、お得であるが、

もう少し安くして量を減らして欲しい。

ブラッスリーオザミ 丸の内

ブラッスリーオザミはジビエを売りにしている丸の内にあるビストロ。

会社の人の送別会で夜に訪問。

コース料理なのだが、メニューとその値段が非常に分かりにくく、

選ぶまでにだいぶ時間がかかった。

こんな感じでジビエを見せてもらえる。

分かりにくいのだが、ウサギとかカモとかキジとか。

けっこう丸のまま冷蔵庫で保管されている。

パンの塗るペーストもジビエで作っているとか。

差は感じるかというと、私は言われないと分からないレベル。

珍しいなと思い、オマール海老のパテ。

上はシャーベットになっていて、パテは全て海老というわけではなく、

おそらくは海老のダシを使った蒲鉾みたいなものだと思われる。

シャーベットに隠れている下にオマール海老の塊が気持ち程度入っている。

結論、やっぱりパテは魚介類より牛豚が合うと思う。

さっぱりしすぎていて、ちょっと物足りない感じがした。

まあ、白ワインと合わせるにはいいのかもしれない。

新潟産と○○産と2種類産地があったカモ。

北の方が濃厚ということで新潟産を選択。

鳥の細い脚がけっこうグロい。

ブロイラーと違い、そこそこ生きた鳥なのだろうから、ダシを取るといいダシが取れそうだ。

手づかみで食べてくださいとのことだったので、フォーク、ナイフは置いて、

手づかみで食す。

ジビエなこともあり、なんとなく野生に戻った気がした。

ソースはフレンチなのだが・・。

スタンダードなチーズケーキ。

ジビエはなかなか値段が高く、計7500円ほどなり。

ランチもやっているようなので、次回はランチで行ってみようと思う。

2011/3/22

ランチで訪問。

震災後特別ランチなのか、チャリティーランチと称し、800円でランチをしていた。

12時半ほどに訪れたのだが、すぐ入店できた。

チャリティーランチは前菜、主菜から一品づづに、パンが付く。紅茶かコーヒーはプラス100円なり。

前菜はパテを注文。

少々、小さめなものの、満足のいくお味。

主菜はタイ。

焼き方が素晴らしく、皮がパリパリに。

普段は確か1000円だったはずなのだが、

1000円でこのフレンチを出してくれるのであれば、大満足である。

2011/4/15再訪

キッシュにポークを選択。相変わらず美味い。

ちょっと脂身が多かったかな。けっこうレアな感じであった。

日本酒 投資

先日、ガイアの夜明けでだったか、見た日本酒の蔵に対するファンド。

http://www.zenryojunmaikura.jp/fund/details.php?fid=155

3月末までの募集予定がすでに募集終了になっているので、けっこう人気なのだろう。

残念ながら、神亀くらいしか知っている蔵の名前がない。

日本酒のファンド以外にも居酒屋に対するファンドもあるようだ。

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?fid=157

よく分からない会社に投資するよりかは、よっぽどこういう所に投資した方が、

投資しがいがあるのだろうが、現在の酒市場を考えると、なかなか利益を出すのは難しいような気がする。

pieroth japan イベント対面ワイン販売 ネット販売

先日行ったふるさとまつり東京のブースにあったpieroth japan。

どうやらワインの試飲をやっているようだったのだが、店舗は持たず、

こういったイベントでの対面販売か、ネット販売のみなようだ。

ワインの値段は3000円くらいからで、高級ワインをリーズナブルな値段で提供することを売りにしている模様。

ただし、ケース買いが必須なようだったので、3000円×6本で一回18000円~か。

なかなかなお値段で。

今度、横浜大さん橋でワインの試飲会をするようだ。

1000円で100種類のワインが試飲できるのはいいのだろうが、

どの程度営業されるのだろう。

http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=10000111

わしたショップ

銀座にある沖縄物産館だが、けっこういろんな場所にあり、

千葉の本八幡にもあった覚えがある。

銀座のわしたショップはかなり広々としており、地下で泡盛が販売されている。

試飲ができることがあり、下記の泡盛が美味かった。

沖縄県でのみ限定販売している泡盛

ヘリオス クース43度

かなりまろやかになってて落ち着いて飲めそうだ。

2合で1500円は少々お高いが、古酒なのでしょうがないか。

あとは、沖縄の日常酒として、

瑞泉、轟がよく飲まれるらしい。

大衆割烹 三州屋 銀座

三州屋は昔ながらの大衆居酒屋で、ランチで定食をやっている。

銀座、新橋、神田等にあるらしい。

今回は銀座の三州屋を訪問。

有楽町駅から5分ほどだろうか、プランタン銀座とかオシャレな店が多い中、かなり奥まった場所に三州屋はある。

入るのもためらわれるほどの入り口だが、入ってみるとほぼ満席でギリギリ入れた。

揚げ物系の気分でアジフライを注文したが、店のおばちゃんに、

鶏豆腐がが付かないけど、いいの?煮物にしなさいと言われ、

魚の煮物に変更。

ほどなくしてやってきた。

スタンダードな煮付け。もうちょっと暖かくてもいいのだが・・・。

身は柔らかく、よく味が染みている。

これがおばちゃん押しの鶏豆腐。

明らかに美味そうである。

鶏肉、豆腐、春菊が入っており、

鶏肉はダシが出て味が薄くなっているかなと思いきや、

きちんと旨みが残っている。

豆腐は木綿豆腐で昔ながらのしっかりした豆腐。

春菊もいいアクセントになっている。

何より、スープが美味しい。

ダシがしっかりしたスープで全て飲み干してしまった。

ご飯は少々、水分が多いかなと思うものの、お櫃の木の香りがした。

この立地で1000円は素晴らしい。

今度は、フライ系を頼んでみたいと思う。

北側の店舗に夜訪問。

20時くらいに訪問したのだが、4人ギリギリ入れるくらい。

お通しのえび。ぷりぷり。

刺身も肉厚で、新鮮さが感じられる。

カキフライもジューシーである。

あんこうの唐揚

そういえば、鳥豆腐も頼んだ。

4人で日本酒、ビール等を飲んで食べて、だいたい一人2500円程度で収まった。

店内もそれほど汚いわけではないし、お洒落さにこだわらないのであれば、

銀座で飲むなら、ここに行きたいもんだ。

2011/5/9 銀座三州屋へランチで再訪

お勧めを聞いて、今日からというアナゴフライを注文。

突き出し。

フライには鶏豆腐は付かないようで、赤出汁の味噌汁が付いてきた。小さい豆腐としめじが入っている。ちょっと温度が熱すぎるか。

お目当てのアナゴフライ。おそらくアナゴ一匹を使っていると思われる。揚げたてで、衣も薄いため脂っこ過ぎない。アナゴはフライにしても、ほどよく柔らかいままになっている。これで1000円。