大衆割烹 三州屋 銀座

三州屋は昔ながらの大衆居酒屋で、ランチで定食をやっている。

銀座、新橋、神田等にあるらしい。

今回は銀座の三州屋を訪問。

有楽町駅から5分ほどだろうか、プランタン銀座とかオシャレな店が多い中、かなり奥まった場所に三州屋はある。

入るのもためらわれるほどの入り口だが、入ってみるとほぼ満席でギリギリ入れた。

揚げ物系の気分でアジフライを注文したが、店のおばちゃんに、

鶏豆腐がが付かないけど、いいの?煮物にしなさいと言われ、

魚の煮物に変更。

ほどなくしてやってきた。

スタンダードな煮付け。もうちょっと暖かくてもいいのだが・・・。

身は柔らかく、よく味が染みている。

これがおばちゃん押しの鶏豆腐。

明らかに美味そうである。

鶏肉、豆腐、春菊が入っており、

鶏肉はダシが出て味が薄くなっているかなと思いきや、

きちんと旨みが残っている。

豆腐は木綿豆腐で昔ながらのしっかりした豆腐。

春菊もいいアクセントになっている。

何より、スープが美味しい。

ダシがしっかりしたスープで全て飲み干してしまった。

ご飯は少々、水分が多いかなと思うものの、お櫃の木の香りがした。

この立地で1000円は素晴らしい。

今度は、フライ系を頼んでみたいと思う。

北側の店舗に夜訪問。

20時くらいに訪問したのだが、4人ギリギリ入れるくらい。

お通しのえび。ぷりぷり。

刺身も肉厚で、新鮮さが感じられる。

カキフライもジューシーである。

あんこうの唐揚

そういえば、鳥豆腐も頼んだ。

4人で日本酒、ビール等を飲んで食べて、だいたい一人2500円程度で収まった。

店内もそれほど汚いわけではないし、お洒落さにこだわらないのであれば、

銀座で飲むなら、ここに行きたいもんだ。

2011/5/9 銀座三州屋へランチで再訪

お勧めを聞いて、今日からというアナゴフライを注文。

突き出し。

フライには鶏豆腐は付かないようで、赤出汁の味噌汁が付いてきた。小さい豆腐としめじが入っている。ちょっと温度が熱すぎるか。

お目当てのアナゴフライ。おそらくアナゴ一匹を使っていると思われる。揚げたてで、衣も薄いため脂っこ過ぎない。アナゴはフライにしても、ほどよく柔らかいままになっている。これで1000円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です