ブラッスリーオザミ 丸の内

ブラッスリーオザミはジビエを売りにしている丸の内にあるビストロ。

会社の人の送別会で夜に訪問。

コース料理なのだが、メニューとその値段が非常に分かりにくく、

選ぶまでにだいぶ時間がかかった。

こんな感じでジビエを見せてもらえる。

分かりにくいのだが、ウサギとかカモとかキジとか。

けっこう丸のまま冷蔵庫で保管されている。

パンの塗るペーストもジビエで作っているとか。

差は感じるかというと、私は言われないと分からないレベル。

珍しいなと思い、オマール海老のパテ。

上はシャーベットになっていて、パテは全て海老というわけではなく、

おそらくは海老のダシを使った蒲鉾みたいなものだと思われる。

シャーベットに隠れている下にオマール海老の塊が気持ち程度入っている。

結論、やっぱりパテは魚介類より牛豚が合うと思う。

さっぱりしすぎていて、ちょっと物足りない感じがした。

まあ、白ワインと合わせるにはいいのかもしれない。

新潟産と○○産と2種類産地があったカモ。

北の方が濃厚ということで新潟産を選択。

鳥の細い脚がけっこうグロい。

ブロイラーと違い、そこそこ生きた鳥なのだろうから、ダシを取るといいダシが取れそうだ。

手づかみで食べてくださいとのことだったので、フォーク、ナイフは置いて、

手づかみで食す。

ジビエなこともあり、なんとなく野生に戻った気がした。

ソースはフレンチなのだが・・。

スタンダードなチーズケーキ。

ジビエはなかなか値段が高く、計7500円ほどなり。

ランチもやっているようなので、次回はランチで行ってみようと思う。

2011/3/22

ランチで訪問。

震災後特別ランチなのか、チャリティーランチと称し、800円でランチをしていた。

12時半ほどに訪れたのだが、すぐ入店できた。

チャリティーランチは前菜、主菜から一品づづに、パンが付く。紅茶かコーヒーはプラス100円なり。

前菜はパテを注文。

少々、小さめなものの、満足のいくお味。

主菜はタイ。

焼き方が素晴らしく、皮がパリパリに。

普段は確か1000円だったはずなのだが、

1000円でこのフレンチを出してくれるのであれば、大満足である。

2011/4/15再訪

キッシュにポークを選択。相変わらず美味い。

ちょっと脂身が多かったかな。けっこうレアな感じであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です