SAKE HALL HIBIYA BAR 銀座

日比谷バーの日本酒業態店。

ちょっと建物の入り口が分かりにくい。

会社関係の飲みで5人で訪問。


店の前に杉玉がある。

 

席に通されると、司牡丹の部屋へ。
それぞれの部屋ごとに担当蔵があるらしく、その部屋に行ったら、その蔵のお酒しか飲めないようだ。
そして、部屋ごとに大きさが違うので、蔵から出資比率が違ったりするのだろうか。
ちなみに、司牡丹の部屋は大きめ。


お勧めということで、注文した日本酒トニック。


これがお通しだったかな。他の料理もだけど、量は少なめ。


レンコンとか野菜の煮物。


なんだっけこれ?思い出せない。
そうだそうだ。大根が黒くなって土台だったはず。
上は豚みそ焼き。


司牡丹の船中八策をボトルで注文。4000円程度だったかな。どこぞのワインボトルを注文する場合と同じくらいの値段。


クリームチーズ?


キッシュ
量が少ないという話だったので、2つ注文。
基本的にお洒落な出し方。

ポテトとか。


クリームコロッケも3個セットという話だったので、5個に調整して出してもらうことに。
注文1つめ。


クリームコロッケ注文2つ目。でちょうど人数に合わせて五個になっている。
と、今レシートを見ながら、2つ目 も1つ目と同じ値段で計算されてしまっている・・・。
どちらも630円で計算。ウーン。


船中八策がなくなったので、何か別のボトルをと思ったが、司牡丹の他のボトル(3種くらい)を選ぶのもなぁと、
店員に聞いてみたら、本来はダメだが、すでに司牡丹のボトルを注文しているので、ということで、
春鹿のボトルを注文できた。


麹アイスクリーム。


お手洗いの近くにあったボトルとか。

 

5人で約2.1万円のところ、20%引きのクーポン利用で1.7万円ほど。
会計時、手違いで 春鹿のボトルが春鹿のグラスで会計されていたらしく。
5人で支払いの調整をし終わったあとだけにグダグダに・・・・。
「春鹿のボトル代をプラス2000円請求させていただいてよろしいでしょうか?」と聞かれても、「これって、断れないですよね?」と・・・。

お手洗いについて、手を拭いた後の紙がゴミ箱から溢れていて、ここまで手が回っていない模様。

悪い店ではないと思うので、いろんなところの間違い、粗さがもったいない。

そして、あまりお腹にたまる料理が出ないので、2次会向きの店な気がする。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です