ホルモン青木 亀戸

はせがわ酒店でお酒を買うついでに亀戸でランチ。

亀戸ホルモンは恵比寿店に行ったことがあったので、ホルモン青木を訪問。

日曜の15時過ぎだったからか、店内は半分ほど席があいていた。
ただし、16頃には早めの晩御飯なのか、人が徐々に増えていき、ほぼ満席になっていた。


まずはやっぱりビールで一杯。
飲み物の単価は400~500円あたりでリーズナブル。


ホルモンは炭火で
アミは使い込まれていそうなのだけど、綺麗に磨かれている。


まずはたん焼 1200円
綺麗なたん。
たん先 600円ほどというメニューもあったのだが、聞いてみると、この日はタイミング的に無かったようで、
たん焼の方が、柔らかくて美味しいとのこと。


これを軽く炙ってレモン汁またはそのままいただく。
普通にたん刺しでも食べられそうな感じで、柔らかさ、歯ごたえ、旨み共に申し分ない。
いわゆる下手な牛たん専門店で食べるより美味しいのではなかろうか。


ホルモンとシマチョウ
塩、タレ、辛の味付けが選べて、店員さんにお勧めを聞くと、
辛がお勧めとのことで、従う。


かたまりが非常に大きく、 一つのかたまりは残念ながら、転げ落ちるというアクシデントも。


この炎から、脂の充実度が感じられる。

食べてみると、脂も脂。
と、熱い。
口内上皮を軽くやけどしつつ、ほおばる。
脂がいっぱいなのだけど、嫌な感じがせず、脂の甘さを感じる。
あとから胃もたれになることも無かったから不思議。


一番人気という生レモンサワー
ソルティドックのように飲み口に塩がつけられているのがニクい。

飲んでみると、なにこれ?と、今まで飲んだレモンサワーと比べて、
爽やかさ、キリッとした感じ、アルコールの度数、全てがパーフェクト。
次回からはビールを飛ばして、これを飲み続けていいのではなかろうかというほどの美味さ。


もやしナムルも安定した美味さ。
これが 300円なのでありがたい。


メニューなぞ。

 


最後にハラミを食べてシメ。

こちらも適度なサシが入っていておいしゅうございました。

これだけ上等なモツを2人で飲んで食べて、1人3000円ほど。

実は、お腹に余力を残していて、ここの近くにある亀戸餃子でハシゴ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です