鹿児島郷土料理 レシピ(参照)

きびなごの南蛮漬け

http://cookpad.com/recipe/1459263

酢とかが薄味と濃い味のパターンがあるっぽいのだが、このパターンは濃い目の味。こちらの方が、自分が昔、鹿児島で食べていた味に似ていたため、採用。

ポイントは、きびなごをしっかりと中までカリっと揚げること。そうしないと味が染み込みにくくなるのと、きびなごの苦味が残ってしまう。

 

がね

http://cookpad.com/recipe/625565

意外ときちんと揚がるまでに時間がかかる。なんとなく自分の思ったとおりの味、食感にならなかった。もっと甘みを加えたほうがいいような。実家に帰った時に、作り方を確認してみよう。

http://yukusa.net/cooking/gane/gane01.html

こっちの方が、卵とかを使っているし、ふんわりとした感じになるかも。

 

とんこつ

http://yukusa.net/wp/?p=95

けっこう何回も作っているので、わりと適当。圧力鍋を使うと楽。

東京で料理するにあたり、一番たいへんなのが軟骨付き豚肉の入手。スーパーで相談してみると、取り扱いがないと断られる(豚舌丸ごと、ぼんじりを取り扱っている店舗でさえ)。最後の手段が肉のハナマサでの入手。2キロの塊、約1000円での購入単位のみ。鹿児島では鶏刺と同様、普通にスーパーで売っているのだが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です