東日本大震災復興支援 チャリティ試飲会 関東本格焼酎泡盛会 大井町

関東本格焼酎泡盛会という関東に事務所を構えている酒蔵の集まりが主催しているチャリティ試飲会に参加。

いつもは定期的にこういう試飲イベントをやっているらしいのだが、今回、東日本大震災支援のためチャリティ試飲会を企画したようだ。エコのためグラスは各自持参で、参加料はとりあえず1000円。16時半開場で、17時~19時までのイベントであり、人気かなぁと思い、16時頃に会場前に行ってみると、行列はなく4人程度が待っている程度であった。それならと思い、いったん胃に食べ物を入れるため近くのバーガーキングでチーズバーガーを食す。16時半に行っても15人程度で意外と少ない。銘柄のせいなのか、焼酎だからなのか・・・。入場料を払って会場内へ。

テーブルに焼酎やチェイサーの水が置かれている。人数はやはり少ない。

\

入場料と引換に番号札をもらう。8番なり。

あとの抽選の景品となっている焼酎たち。募金した上で、もらう形。

乾杯は思い思いの焼酎を選んで。私は紫の鬼火を選択。普通の鬼火とくらべると焼き芋くささが減っているような感じ。

飲み比べてみた。

鬼火と同じ蔵の古酒。鬼火を寝かしたのではなく、スタンダード銘柄の七夕を寝かしたものらしい。まろやか。

黒霧島、赤霧島で有名な霧島酒造の吉助。赤霧島よりも定価が高いんだよな。景品でいただいたので、赤霧島と比べてみよう。

奄美酒類の海亀の独り言。泡盛っぽく飲みやすい。

奄美酒類の奄美ブラック。40度なので、しょうしょうキツい。

300円で売っていたもつ煮。

壱岐の蔵酒造の花酵母麦焼酎。麦焼酎というよりも、はなやかな日本酒のような感じがした。面白くていいかもしれない。

壱岐の蔵酒造の大祖。

田園を聞いているというCMで有名な田苑。麦焼酎は苦手なのだが、大量についでもらった・・。

忘れた・・。。そもそもなんと読むのか。

小正醸造の薩摩豊穣

小正醸造のすもも酒。

小正醸造のアルコール0.00%の芋焼酎。焼酎っぽくはなく、焼き芋水に近いような感じか。ボルビックのレモン味みたいな。このサイズで200円程度とのこと。発想としては面白い。この他に紅小鶴をいただく。

有楽町の遊楽館が出店していたので、タンをツマミとして購入。

沖縄県酒造協同組合の海乃邦。10年泡盛古酒。25度で2000円ほど。

沖縄県酒造協同組合の海乃邦。10年泡盛古酒。43度で4000円ほど。これが、一番美味かった。度数が高いものの、酒の旨みを感じることができる。

参加者の年齢層はだいぶ高め。40代後半くらいが平均か。

球磨焼酎。

友人が景品でいただいていた霧島。私は奄美の杜、吉助赤、鶏のささみくんせい、蔵の名前が入った傘をいただく。参加者が少なかったので、もらいすぎだ。

「東日本大震災復興支援 チャリティ試飲会 関東本格焼酎泡盛会 大井町」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です