鹿児島郷土料理あくね 霞ヶ関

鹿児島郷土料理あくねは霞ヶ関ビルにある鹿児島料理店。

前は有楽町にあったのだが、建物の建て替えのため、霞が関ビルに移動した。ただし、同じ千代田区での移動のため、電話番号は変わっていない。名前のとおり鹿児島県阿久根市出身の店主が毎日阿久根産の魚介類を提供している店である。

震災があってから、客足は大丈夫かと心配になって、訪問したところ、席がほぼ満席で、びっくりすると同時に安心した。ただし、さすがに22時をまわるとちらほらと空席が目立つようにはなっていった。

従兄弟と行く予定で先に入ったが、結局、一人で飲むことになった。あくねの店主と顔なじみで、話をたまにするので、一人でもそこまで問題ではなかった。

まずは、ビールとばい貝を注文。鹿児島ではけっこうお通しで出る貝であるが、東京の方で出るのは珍しい。しかも、この量である。本当は自宅にも欲しいんですよねーと話していると、大量にいい貝が手に入った時に、冷凍して保存しているらしい。私も欲しいものである。ただし、見た目があまり良くないので、人によっては好き嫌いがあるかもしれない。味の方は、甘みがあり、さっぱりしている。

ビールの途中で、三岳をボトルで注文する。置いているボトルは三岳、島美人等、伊佐大泉もあったような。

この日は一人でちびちびお湯割りでやり、2/5程度を飲んで、ボトルキープ。また今度来たときに飲もう。

途中で頼んだ魚の煮付け。これが非常に美味しい。身は柔らかいし、醤油が程良く染みている。

最後に頼んだスジ煮込み。これまた、焼酎にあって美味い。どうしてもここの料理は他のところと比べて、うなってしまうものが多い。鹿児島出身にあった味付けをしているからだろうか。

これだけ頼んで7500円ほどなので、少々高めかな。まあ、焼酎のボトルも頼んでいるからということもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です