はせがわ酒店 二子玉川店

2011年3月19日

はせがわ酒店の二子玉川店がオープンということで、

二子玉川まで行ってきた。

10時開店だったため、余裕をもって電車に乗ったのだが、

ダイヤの乱れのため、開店5分後に二子玉川駅に到着。

はせがわ酒店はライズショッピングセンターの中に入る形で、

ライズショッピングセンター全体のオープンだったらしく、

入場の行列が出来ていた。

行列に並び、ほどなくして、入店、はせがわ酒店を目指して、早歩き。

はせがわ酒店は地下の端に広いスペースを確保していて、

綺麗に酒がディスプレイされていた。

ひとまず、目ぼしい酒をサーチ。

とりあえず、オプニングセールの田酒特別純米1850円(ちょい高め)、兼八森のささやき3150円を確保。

飛ぶように売れていたのが、磯自慢のアダージョ2万円オーバー、その横になる磯自慢1万円オーバー。

1本同時に抱えて買っていく人も多く、開店してから20分後くらいには無くなっていた。

さすがに4号瓶に1,2万は出せない・・・。

酒のお会計をして、ふと横を見ると、

はせがわ酒店の表参道ヒルズ店、グランスタ店と同じようにバーが併設されていた。

こちらには全然客がおらず、一番乗りしてみることに。

出している酒を聞いてみると、JALファーストクラスに出すような酒もあるとのこと。

ちなみに、JALファーストクラスは森伊蔵、十四代、飛露喜が飲み放題らしいのだが、

100万くらいかかるとか。

そのひとつが十四代大吟醸で、はせがわ酒店が指定した麹菌、酒米で作ってもらっているオリジナル商品。

こちらが90mlで1365円もしたが、開店祝いということで、飲んでみることに。

一番乗りなので、瓶の封切りで、うれしくなる。

初めてうすはりのグラスで飲んでみたが、

なかなか、この薄い口当たりが、グラスの存在を感じさせず、酒に集中して飲めるのがいい。

グラスがいくつか割れたことだし、購入を検討してみるか。

肝心の十四代の方は、相変わらずすっきりした飲み口で、

あとから少しだけ辛さが上がってくる感じ。

個人的には、中汲み無濾過の方が好きな気がする。

飲みながら、店員の方とお話をさせてもらっていると、

やはり震災の影響で、本来はこの十四代や飛露喜等を出す予定だったが、自粛したとのこと。

ただし、今後、チラシ等を出して、販売のアナウンスをするとか。

まわりを見ると、社長さんも生で見ることができた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です