ぽんしゅ館 越後湯沢

2005/12に十八切符を利用して訪問。

朝7時に上野駅集合であったが、見かける若い人はスノボかスキーかという風貌だったのに、

こんなに早くから酒を飲みに行くのはちょっと変わっているか。

十八切符で快速まで使えるのだが、なんだかんだで5時間くらいはかかる。

そのため、越後湯沢での実働時間は3,4時間程度。

その時間内にそば、温泉、ぽんしゅ館。

ぽんしゅ館のシステムとしては、500円でコイン3枚とおちょこをもらい、

試飲自動販売機を使ってついで飲んでいく。

種類自体はたくさんあるので、目移りしてしまう。

一応、八海山、越乃寒梅、〆張鶴があるが、本醸造。

というか、基本的にこの安さなので、全て本醸造でしょう、多分。

日本酒度、アルコール度がとてつもなく高いものがあったが、

これはもう蒸留酒に近い。

全体的に酒が美味しいかというと、そうでもないので、一度ネタとして行ってみるぶんにはいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です