androidとiOSの開発、実証環境

■目的
androidとiOSの開発、実証環境が欲しい

■購入対象仮決め
Mac端末 60800(mac mini、macでないとobjective Cが使えない)
iPod touch 20,900(実証機として)
android携帯(実証機として)

■検討 iPod touchかiPhoneか
その差は
通話、3G通信
gps
デジタルコンパス
バイブレータ
近接センサー

が無い程度

位置情報の実験はWi-fi位置情報で可能か。

■周辺機器の対応
・キーボード
HHKはmacにドライバを入れればmacでも使用可能
・マウス
Trackball Explorer はmacも対応
・ディスプレイ
DVI、D-sub接続
・切り替え機
現在、d-sub、usbマウス、usbキーボード対応 × 2
接続が3つのものに要変更

REX-430U
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/430u.html
linuxに未対応または保障外

SW-KVM4LU
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=SW-KVM4LU&cate=1
linuxに対応
なので、sanwaのSW-KVM4LUにするか。

mac miniのディスプレイ出力はHDMI、Mini DisplayPort
DVI出力: HDMI−DVIアダプタを使用(付属)→ディスプレイに直接つなぐか
VGA出力: Mini DisplayPort−VGAアダプタを使用(別売り) ¥3,400 → 切り替え機を通してつなぐか

■方向性
auのandroid携帯購入
mac mini、ipod touch購入
androidをwi-fiのルーター化して、その通信でipod touchを利用。
ipod touchはアドホックモード対応
androidはアドホックモード非対応(公式には)
そのため、androidを親機として、ipod touchを子機とするのが適切。
ipod touchは単品で売っているし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です