ユニクロのグローバル化

公用語が英語となって有名なユニクロだが、
ボクサーブリーフを買って、驚いた。

日本語、韓国語、中国語、イギリス、フランス、ロシア、アメリカ向け
すべてのバージョンでタグに記載があるのだ。

おそらく生産は中国で一括するのであろうから、
すべての国に向けて生産ししているのであろう。
ただし、パッケージは日本のみ。
ここまでなぜ統一しないのかは謎である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です