自宅サーバ

自宅サーバの変革

  1. U-Buddie 2003年頃~
  2. x27d(個人のものではないのだが・・) 2009年~
  3. Shuttle XS35 2010年未定より

 

サーバーの購入

CPUの選択

  • 消費電力が少ない
  • 発熱が少ない
  • そこそこのパフォーマンスがある

ということで、X27dに引き続きatomを選択することにした。

AMDのノートPC用CPUも検討してみたが、

どっかの統計資料でまだatomの方がパフォーマンスと消費電力のバランスがよいという記事を読んだため、

atomで決定。

どのATOMにするか

最新のAtomとして、Atom D525 があったのだが、

2010年8月26日にオンボードマザーが出たばかりであり、

ベアボーンとしてはいつ出るか不明であった。(2010/8月末)

ということで、ベアボーンですでに使われているD510にする。

Shuttle XS35に決めた理由

Shuttle XS35

  •  2010/8発売
  • Atom D510 (330よりパフォーマンス、消費電力良い 2009/12に発表)
  • 38.4×252×162mm
  • ファンレス
  • TWOTOP 18,780円、T-ZONE 18,800円。
  • HDDは、12.5(12.7)mm厚は可、19mmは不可。
  • 40wACアダプター

 x27d

  • Atom 330
  • 幅185×奥行き250×高さ70 mm
  • 2.5インチ×1、5.25インチスリム×1
  • 60WACアダプター

基本的には、D510でファンレス、ACアダプターのものがないからという話。

http://www.shuttle-direct.jp/shopbrand/018/X/

Shuttle XS35をどこで買うか

http://www.coneco.net/PriceList/1100729258/order/MONEY/

ネットの最安値が17,980円+送料500円程(2010/9/25現在)なようだが、定価は18,880円?なので、定価より400円ほど安いくらいか。

秋葉原の実店舗でも見て回ったが、けっこう売り切れの店舗も多く、かつ定価販売であった。

なかなか値段が下がらないと判断し、普通にT-ZONEで購入。

T-ZONEだと、タイムセールで5%引き等で購入可能。

  

Shuttle XS35を使ってみた結果

Linuxの対応が問題

  • debianの5.0.5が未対応(debian-505-amd64-i386-powerpc-netinst.iso、debian-505-i386-DVD-1.isoでインストールしようとしたところNICを認識しない)
  • debianの6でやっとNICを認識してくれるようだ(が、あまりtextingのものは使いたくないのだが・・・)

音はさすがにハードディスクの音しかしない。

温度は思ったよりかは暑くなるが、ファンレスなのでしょうがない。触れないほどの暑さにはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です