シーリングライト

なにげにLEDライトも蛍光灯も消費電力は変わらない(せいぜい2,30%程度)ので、わざわざLEDにこだわる必要はない。

シーリングライトと言えば、ただ点灯すればいいだろうと思われるが、
エコナビ:太陽光の強さにより、ライトの明るさを調整する
調色:昼光色から電球色へ色を調整する
調光:ライトの明るさを調整する
間接光:直接照らすのではなく、壁を照らす
等の機能が付加機能として付いているものもある。

最近だと、やはりフッグシップモデルのような機種はLEDであるため、
付加機能が欲しい場合はLEDライトになってしまい、結果的に高い機種になる。

変な機種だと、シャープがピンクの明かりをアピールしていたり、
東芝だと7色対応を謳っている機種もあったりする。

メーカーとしては、
東芝:そこそこ機種が多い。デザインとコストパフォーマンスで結局、こちらを選択。
パナソニック:一番機種が多いような気がする。機能も多い。フラッグシップモデルが高い・・・
アイリスオーヤマ:最近、LEDに力を入れている。機種は少ないが、コストパフォーマンスに優れる。
日立:機種が少ない
NEC:なにげに機種が多い。スマホでライトから音楽を流せるというチャレンジングな機種も出している。10年くらい前に買った機種がその当時唯一蛍光灯ライトで暖色と白色を切り替えできるで、NECのライトはいいなという印象。
シャープ:さくら色(ピンク)を売りにしている。癒やし、安眠につながるとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です