ipod nano(第一世代)のバッテリー交換

ipod nano(第一世代)のバッテリーが加熱されて壊れる恐れがあるということで、
交換をappleにお願いすることにした。

2010/8/31
銀座のアップルストアへ行って、バッテリーの加熱が不安な旨を伝え、軽く確認してもらう。5分ほど、充電してもらい、バッテリーの温度が上がってないことを確認してくれた。

冷房がこれだけ効いてたら、温度も上がらないだろ。。。自宅で、充電してたら、ちょっと暖かくなるのであるが。

それでも、不安がある場合は、バッテリーを交換してもらえるらしいが、アップルストアでは対応していないらしく、サポートセンターへ電話してくださいとのこと。

この日は、サポートセンターに電話すると、翌日の夕方に宅配屋さんが家に来るとのこと。

2010/9/1
夕方に郵便屋さんが来て、ipod nanoを持っていってもらった。データは消えてしまうようなので、パソコンでバックアップしたものを渡す。サポートセンターの人の話だと、現在、交換の注文が多いらしく、戻ってくるまでの期間の目安が分からないとのこと。

2010/9/6
amazonの宅配かなーと思ったら、appleからの宅配。

想像以上に早くてびっくり。1週間もかかってないや。

バッテリーの交換で、ケースまで交換、そもそも品物自体まで交換される可能性があるという話を読んだが、そんなことはなく、ケース、品物はそのままなようだ(シリアルNo、ケースの傷がそのまま)。

ファームウェアーはそのままで、設定はリセット状態。バッテリーは、交換されたのかされていないのかは良くわからないが、電池のもちを見るに、きちんと新しいものになっているのであろう。

サポートページ
http://support.apple.com/kb/TS2099?viewlocale=ja_JP

ちなみに、

2008/10/??
ipod nanoの発熱が最初に話題になった時点で、appleのサポートセンターへ電話ロットナンバーを伝えて確認してもらっていた。その時の反応としては、発熱、変形が見られなければOKとのことであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です