アルコールチェッカーを買ってみた

酔っ払ってあまりにひどい失敗をしたため、泥酔防止のための方法を模索

ひとまずはアルコールチェッカーで測ってみることにした。

ハカリで有名なメーカーというと、タニタかオムロンかオームか。

オムロンはそもそもアルコールチェッカーは扱っていなかった。

オームは1種類しか扱いがなく、3段階程度しか表示がないので、測りにくそう。

タニタは4種類ほど

簡易版

スタンダード版

スタンダード版 横長

上位版

上位版は8000円近くするのと、大きめという点、他製品との差は呼吸中のアルコール濃度を0.01mg/L単位で測れるということなのだが、

酔い具合にそれほど細かく精度を求める必要はないので、却下。

簡易版は12段階まで計測可能らしいのだが、どの範囲を測れるのかが分からないため、却下。

そもそも計測可能な呼気のアルコール濃度は、下記のような感じらしく、スタンダード版であれば、0.5mg/Lまでは測れる模様。

~0.10mg/L顔面紅潮、疲労感軽減
~0.20mg/L脈拍・呼吸がやや促進、四肢運動活発、多弁、発揚状態
~0.40mg/L運動失調(千鳥足)、呼吸促進、言語(呂律)傷害
~0.70mg/L循環傷害、嘔吐、歩行困難、意識混濁
0.80mg/L~意識喪失、呼吸麻痺、死の危険

とりあえず、0.5mlg/Lまで測れれば、0.4mg/Lで、そろそろ飲むのを止めようという判断も可能と思うので、スタンダード版で決定。

あとは、デザインとかで決めればいいのかなと。

ひとまずスタンダード版を購入。

導入による効果はどんなもんやら。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です