あんこう 高はし(たかはし) 築地

あんこう高はし(高橋ではないらしい)は築地で一番お気に入りの店である。

築地というと新鮮な魚介類を使った寿司を連想する人も多いと思うが、焼き魚も良い。

魚を知り尽くしたご主人が高級料亭で出してくれるような焼き魚を出してくれる。

勝どき勤務の時にはかなり訪問させてもらった。

焼き魚定食、刺身定食が1500円~2500円するという高価格帯の店舗なのだが、

高級料亭が仕入れているレベルの魚を仕入れているらしく、食べてみて、確かにそれだけの価値があると納得してしまう。

ご主人はガンダムマニアで、スーパーあなご丼 MK-Ⅱ等、一部モビルスーツをもじったようなメニューが貼り出されている。

2011/5/31

久々に朝訪問してみた。というのも朝7時に銀座で用事があったものの、肩透かしをくらったため、じゃあ、築地でご飯でも食べようかと思い、築地へ移動。7時半頃築地のたかはしに到着すると、客席は2,3人ほどしかいなかった。昼となると満席で行列ができることもあるのだが、朝だとこんなものか。とりあえず、席について、わらさの塩焼き1500円+定食オプション300円(計1800円)を注文。

いつものお通し。

焼き魚は焼かれるまでに時間が10分ほどかかり、待っていると。顔なじみのお姉さん店員がやってきて、お久しぶりですと挨拶してもらえた。前はよく通っていたのだが、今回は1年ぶりくらいに来ていて、それでも覚えていてもらえるのは非常に嬉しい。

わらさの塩焼き。ちょっとだけゴゲているのが残念。大きな塊の下に、中くらいの塊が二つあり、焼き魚として非常にボリュームが多い。ここの特徴としては、本当によい魚を仕入れているところであり、今回のわらさも身がギッシリつまっていて、ものの良さを感じる。焼き加減についても、コゲが表面にあるものの、身自体はほどよく柔らかく焼きあがっている。

ご飯とお椀と。さらに残念なのが、これだけ日本酒が合いそうな料理なのに、この後は仕事なため日本酒が飲めないことである。店としては、冷、熱どちらも出せる店で、朝から日本酒を注文している人はいなかったが、ビールを注文している人はちらほらいた。

今の勤務地だと、ランチで来れることはなかなかないのだが、たまに朝食をここで食べて、出勤するのもいいかもしれない。特に、ランチではメニューに載っている魚が売り切れてしまっていることも多々あり、泣く泣く諦めることがあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です