天龍 銀座

ランチに銀座天龍へ

以前、土曜日に前を通った時は11時の開店前だったにも関わらず行列が出来ていたので、並ぶ必要があるかと思っていた。

いざ平日の12時10分に到着してみると、行列がない。

入り口で餃子大ライスセットのチケットを1170円で買って、階段の列に並ぶ。

大ライスと小ライスの違いは50円の違いなようだが、量的には2.5倍くらいの差があるように見えた。

階段は3人くらいが並んでいたのだが、回転がよいようですぐ席に着くことが出来た。

餃子は想像以上にでかい。異常にでかい。

一般的な餃子の3倍くらいの大きさがあるのではないだろうか。

それが8個に漬物、ご飯で食す。

餃子は肉汁が素晴らしく、餃子のタレをつけなくても十分に餃子の味を楽しめる。

餃子が大きいため、肉汁がこぼれるのを防ぐのが難しいため、ご飯茶碗の上で食べ、肉汁がご飯に落ち、それを食すと。

このご飯が意外としっかりしたご飯で、きちんと固めに炊かれた美味しいご飯であった。

ご飯にも手を抜いていない。

周りをみてみるとご飯の小を頼んでいる人が多かったが、小だと餃子と一緒に食べるにはバランスが悪くなると思われる。

大ご飯と餃子をバランスよく食べて、ちょうど両方を食べ終わるくらいだった。

餃子はやはり焼きたてが美味く、さすがに後半になると餃子のパリっと感がなくなってきて、

皮がだれてきている感があったので、B級グルメとして、一気に食べるべき食事だ。

この点、亀戸餃子は5個1枚づづ注文できるため、焼きたての餃子をコンスタントに食べることができ、

いいシステムだなと思った。

それにしても1200円はちょいと高いので、もう少し量を減らして1000円以内にして欲しいものだ。

一番よいのは、2人くらいでシェアするのが最後まで美味しく食べられる方法だと思う。

個人的には、亀戸餃子、東京餃子楼よりも餃子の質は高いように感じた。

まあ、値段が他店の何倍もするので当然といえば、当然か。

リピートしたい。

2010/11/3追記

友人と昼間に訪問。

最初に餃子、チャーハン、ビール中瓶を注文

餃子を4個づつシェアし、ビールを飲む。

餃子が無くなった時点でビールを開けるよう調整し、餃子とビールを再度注文。

これで、冷たいビールと焼きたての餃子を堪能できる。

餃子は一気に2枚頼んでしまうと冷めてしまったり、べとっとなってしまったりしてしまうため、

この方法が良いと思われる。

ビール2本、餃子2枚、チャーハンで4000円程度なので、軽くお腹一杯飲むのにはいいかもしれない。

満足度は高い。

隣の客は注文した料理が出てこなくて、後から店員に確認したら、

その後、それなりに時間がかかった後に料理が来て、

時間がなかったからか、食べるのが間に合わず持ち帰りをしていたので、料理が遅い時は注意した方が良いかも。

 

再訪再訪
友人と来て二皿注文したのだが、友人が食べ切れないということで、4個づづお持ち帰り。

温かい状態で持って帰れる。


タレ付き。このタレは店のタレに加え、カラシまで入っているようだ。普段はカラシを入れないため、いつもと味が違うなと感じた。

普通にこれをフライパンで再度焼くことになる。
味が落ちるかなと思いきや、パリっとさ、肉汁の度合いは少々落ちるものの、相変わらず美味い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です