ボールペン

仕事上、資料、プログラムがアウトプットとなるので、
そのための道具にはこだわるべきと考える。

1つはキーボード
1つは筆記具。

得に、ボールペンの使用頻度が多いため、ボールペンにこだわってみた。

選択条件としては下記のとおり。

  1. 書きやすいこと
  2. 高級感があること
  3. それなりにリーズナブルなこと(2と矛盾するが、3万とかまでは払いたくない)
  4. 高機能であること

1.書きやすいこと

使いにくいようでは意味がない

2.高級感があること

自己満足に加え、見ている人は見ているので、
こだわりのアピールになる(道具へのこだわりによる仕事への姿勢とか)。
3.それなりにリーズナブルなこと(2と矛盾するが、3万とかまでは払いたくない)

3万を越えるようなのは、カルティエとか、
文房具のブランドというより、元々外のブランドが
ボールペンを出しているだけのものが多い。

4.高機能であること

ボールペンを何本も持つより、
1本で黒、赤等を切り替えられる方が便利。

最低、黒、赤が必要だが、
色が2色ある方が、意味づけを考えて使い分けられるので便利。

シャープペン機能付きのものもあるが、
あまり利用することは少ないため、不要とした。

3本切り替え、4本切り替えの場合、
ものによっては太くなってしまうため、
使いやすさが損なわれてしまうことがあるので注意。

 

■選択肢

三菱ペンシル ピュアモルト

シャープ&ボールペンMSE-3005

3000円程度で樽材を使ったボディのボールペン2種類、シャープペンを切り替えられる。
口径も太過ぎない大きさに収まっている。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です