桂園 新橋

虎ノ門のビアバーのシメに、新橋へ移動して、担々麺を食す。

本来は本格的な中華料理屋なのだが、男3人で注文したのは担々麺3つのみ。

本格四川担々麺800円ほど。 かなり辛いとのことである程度覚悟をして食べる。


見るからに辛い。
実際に食べたところ、辛さ的には蒙古タンメンの辛さに近いような気がした。下手にすすってしまうと、むせてしまうのは蒙古タンメンと同様。
違うのは、四川らしく山椒のシビれる辛さが強いところだろうか。

きくらげが大量に入っていて、個人的には大満足。


ご飯をつけてもらったのだが、ご飯って甘いんだなぁということがよくわかった。

こうやって、食べた時のことを思い出して、ブログを書いているとまた食べたいなと思ってしまうほどの中毒性がありそう。

 

 

「桂園 新橋」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です