おでん処 こなから 丸の内

前から行ってみたかった「こなから」に新丸の内ビル店があることに気づきランチで訪問。

新丸の内ビルの1階1階は高く、エスカレーターが怖い・・・。

 

いざ、こなからについてみると、12時半くらいだったのだが、席の半分程度しか埋まっておらず、スムーズに入店。

そぼろご飯とおでん(4種)のセット1200円を注文。

 

おでんの種類は、用紙に記入して注文するスタイル。とりあえず、基本的な大根とたまご、そして、変わり種ということで、おこげさん、かぼ丸さんを注文。

そぼろご飯なり。塩味がちょっと強いくらいの至って普通のそぼろご飯だったので、あまりこちらには感動を覚えないかも。

 

大根とたまご。だいこんの角取りが非常ん美しい。たまごはけっこう、黒め。味の方は、薄味なもののしっかり染みていた。この二つはすでにおでんの温める機械に入れられていたもの。

左がかぼ丸さんで、右がおこげさん。この二つは、注文後にタッパーから取り出され、おでんを温める機械に投入され、ちょいと時間が経ってから供された。かぼ丸さんは、かぼちゃのつみれみたいな感じで、ちょっとデザートみたいな甘さがったかな。おこげさんは、焼きおにぎりをおでんにしたものらしい。あまり長時間おでんとして煮ると崩れるだろうから、タッパー保存なのだおろうが、もうちょっと煮こんで味を染みこませてくれてもよさそうな気がする。

 

カウンターにある、おでんを温める機械。ひょうたんの形をしていて、5つほどの仕切りがある。具と時間によって、入れる場所を変えているようなので、場所によって、温度、ダシの濃さとかが異なるのであろう。

鶏そぼろはもう一つであったが、おでんは美味かったので、夜にでも日本酒と合わせて食べるために訪問してみたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です