魚久 あじみせ 人形町

魚久では珍しく、店内で食べられる。

ランチにて訪問。

さすが粕漬の老舗だけあって、魚の焼き方が絶妙である。

粕漬の焼き方で難しいところは酒粕を取る際に、酒粕が残りすぎると焼いたときに焦げすぎるし、

洗いすぎると水っぽくなったり、焦げがつかなすぎたりするところで、

こちらは、写真を見てのとおり、程よい焦げで美味しく食べられる。

やはり一番のお勧めは銀だらの粕漬である。

魚久の粕漬は切れ端をよく買って、焼いているが、

たまには、ここに来て、焼き加減等を勉強してチェックしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です