中村ブレイス

島根県の山奥で義足等の医療機器を作っている会社

売り物は完全に技術であり、島根県の山奥でやる必要性もあまりないだろうに。

東京に事務所があるので、そこで、仕事を受け付けて、島根県で製作をする感じであろうか。

ポイントとしては、

・東京に事務所があることにより、売り上げの確保(さすがに島根県まで行くのは顧客的にハードルが高いであろう)

・一つ一つの単価が高い(数万~十数万)ため、製品に対する送料等の比率が低い

鹿児島で事業を起こすなら、こういう着眼点は必要であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です