イグレック 学芸大学

学芸大学駅の近くのイグレックというイタリアンで夕食を。

 


どうもホワイトアスパラを食べると、調理が面倒なんだよなぁということを必ず考えてしまうのが、ちょっと自分的に問題。
もちろん、やわらかく煮て、焼かれていて、生ハムとの相性も非常によく美味しかった。

前日にしこたま飲み過ぎて二日酔いだったのと、休日出勤で疲れていたのだが、
いざ食べたり飲んだりしていると食が進む進む。
そんな美味しいお酒のチョイスと美味しい料理を提供する店だった。

ワインをけっこう飲んで、食べて、一人5000~6000円ほど。

山利喜 新館 森下

山利喜に土曜17時半頃行ってみると、当然のことながら満員で断られた。
まぁ、しょうがないよなということで、山利喜の新館へ。

その山利喜の新館も1Fのカウンターは一杯で、2Fに通された。

配膳担当のバイトの子は慣れていないのか、ちょっと危なさげ。


飲み物は本館も新館も変わらない。まあ、食べ物もだけど。
不思議なのが、やはり日本酒とワイン両方ともそもそこなものを出してくれるということ。
昔ながらの居酒屋にしては、醸し人九平次、東洋美人など流行り系の日本酒を出してくれたり、後述する篠峰も扱っている。
なんとなくはせがわ酒店から卸してもらっていそう。はせがわ酒店の取り扱いの銘柄に近そうだし。
飲み物は片口で1合分くらいなのだが、だいたい7,800円くらいでちょっと高めか。


料理はけっこうリーズナブル

お通し


やっぱり煮込みを注文するのは鉄板。
先週いせやで食べた残念なモツ煮と違い、脂がのったモツを使い。味付けは西洋風のモツ煮である。


ガツ刺し
生姜が効いて、すこぶる美味い


本日のお勧め地酒を確認すると
篠峰があったので、注文。
店員さんに本日のおすすめ地酒は何か聞くと、奈良と山口のものがあります。
とのことで、銘柄を確認すると奈良のは篠峰ですと。
心ではほぼ決まったのだが、一応、篠峰の純米か純米吟醸か確認すると、それは覚えていなかった模様。
まあ、若い店員さんだったのでしょうがない。


軟骨、たん、てっぽう、軟骨たたき
塩で。
普通に満足なお味。
ただ、ちょっと本店の方が塩加減とか焼き加減とか絶妙な気がするのは、勘違いだろうか。


もう一つの本日のお勧め地酒
原田 特別純米酒


ちょいと個人的に好きなので、テリーヌを頼んでしまった。
日本酒と合わせるとどうなるのだろうと。。

結論としては、あわないことはないが、やっぱりテリーヌはワインと一緒にいただきたい。
テリーヌの味自体はフレンチの店で食べるのと何ら遜色ないものだった。
まぁ、今の山利喜の店主はフレンチで修行していたという話をどこかで聞いたので、メニューにいろいろとフレンチの要素があるのだろう。ピクルスとかうずら焼、ナチュラルチーズの盛り合わせとか。

2人で1時間ほど軽く飲んで食べて4000円ほど。
しっかり食べると 2時間8000円くらいにはなるだろう。お酒の値段もそこそこするし。

活用方法としては、日本酒が好きな人とワインが好きな人で一緒に行って食べればいいんじゃないかなぁと。

ねのひ 有楽町

昔の上司やらクライアントと久々に飲み。
なのに、有楽町のガード下的なところでごめんなさい。けど、安くて、美味しいのです。

ここはなんといってもやはり、串が安くて美味い。

大味なんだけど、安いわりに素材は手を抜いていない感じ。

騒がしすぎたり、席が狭いのはご愛嬌。

浪花かすうどん むねひろ 大門

大門の大斗に行った時に向かいにできていて気になっていた浪花かすうどん むねひろへ。

浪花かすは、いわゆるあぶらかすと同じものらしい。以前、大阪に行った時に、あぶらかすというモツを揚げたものが大阪の下町にある的なことを聞いていたので、まさにこれかと。

22時頃で店内は2人ほど。お客は少ない。

スタンダードなかすうどん650円を注文。大盛り無料とのことで、大盛りで。


あぶらかすはまあ、そこまで多くはない。
思ったより、上品な味で、スープに味も出ていた。
うどんの方は、大阪でよく食べるようなコシは弱めのうどん。

とろろをあまり好きでないということもあるが、いらないかな。

あぶらかすの珍しさもあり、再訪する可能性は高い。

 

名酒センター 浜松町

浜松町の名酒センターへ。

久々に訪問した。

店内の20~30種類くらいから選んで立ち飲みすることができる。
おつまみは軽く。

利き酒セットと称して3つまとめて注文すると100円引きになる。


だいたい一杯200円~500円ていどなのだけど、
今回は200円のものを3種類で、マイナス100円となり500円で。
おつまみで豆腐の味噌漬け300円。
3杯でだいたい1合分くらいになるそうだ。

定期的に銘柄が変わるので、いろいろなお酒を楽しむにはとてもいい。

 

小布施ワイナリーの日本酒の会 蛇の市 日本橋

お誘いをいただき小布施ワイナリーの会へ、日本橋 蛇の市さんへ。

小布施ワイナリーの日本酒は、新橋もとで一回くらい飲んだことがあったような気がするが、こんなにたくさんの種類を飲んだのは初めて。
というか、こんなに種類があったのかと。

  

蛇の市さんの料理もよく日本酒にあって、大満足。
飲み過ぎてしまった。

肉のまえかわ 大井町

前から行きたかった。大井町の有名店、肉のまえかわへ。

昔は普通に肉屋だったらしいのだが、立ち飲みやに。


店内は非常にダメ臭が漂っていて、居心地がいい。
冷蔵庫からセルフサービスでビール、チューハイを取って、カウンターのお姉さん(外国人)にお金を渡す。


つまみはいろいろと前はあったようなのだが、けっこう売り切れに。
鶏刺しもあったっぽいので、今度は早めに来ないと。。
ローストビーフっぽぴのが200円ほど。


串をお姉ちゃんが焼いてくれる。
一本100円くらい。


業務用の味、食感に限りなく近いポテトサラダ。

美味いのか、不味いのかというと、鶏刺しを食べていないので、なんとも言えないが、まずくはない。
雰囲気を楽しめる人は楽しめるのだろうなぁと。
ただし、個人的にはまた行きたい店だ。

銀座しゃぶ通 好の笹 銀座

銀座のランチでお初の店でチャレンジ。

マロニエゲートで探してみると、まぁ、だいたい1000円オーバーのお値段。

そんな中で比較的リーズナブルだった銀座しゃぶ通 好の笹に入店。

珍しいなと思って、鴨しゃぶセット980円を注文。


けっこう高層なので、眺めもよい。


ちょっと年期が入っている鍋。
4つに分かれているのは4人で行ったからで、一人一人の区切りがある様子。
ちょっと面白い。



ポン酢とごまダレ
薬味と


野菜はこんな感じ


豚肉と鴨
けっこうよさげな肉を使っている。
まぁ、最終的にタレの味が一番味を決めるのだけど、良かったと思う。
実際、肉質は見ての通り、いい感じで、ランチでこの値段であれば十分納得。

 

 

パブ カーディナル 銀座

銀座のソニービル近くのカーディナルでランチ。

ホントはソニービルのパスタの店に行く予定だったのだが、場所が分からず。
たまたま訪問することに。

 


とても気になる特製エビフライ1050円


見よ、この立派な大きなエビフライ。しかも3本。
衣が厚いかとおもいきや、身がとても大きい。
こんなエビフライが3本でこの値段はお値打ち。


プラス100円でカレールーをつけられたので、付けてみた。

 


ドリンクまでついていて、ヨーグルトドリンクやら、カプチーノやら。

エビフライを食べたくなったら、ここだな。